相続税と税理士

相続税の計算を始めに行う

相続税計算

相続税の簡易計算

通常遺産相続を行う時には、弁護士に依頼してトラブルを回避するという人が多いと思いますが、遺産相続を行うと必ず相続税が発生することは知っているでしょう。この相続税はかなりの金額になるので、弁護士に依頼する前に、税金に関する法律に詳しい税理士に試算をしてもらうという方法がお勧めです。
よく遺産を相続したまではよいけれど、相続税が高くて殆ど残らないという人もいるのですが、税金の計算は非常に厄介な上に、税金に関する法律は殆どの国民が知らないので、どれぐらい支払いが発生するのか、節税の方法はないのかという点までしっかりと相談しておきましょう
ただでさえ相次ぐ増税で国民は苦しんでいるので、少しでも支払う金額を少なくする対策を練るのはとても有効的ですし、相続の方法や分配によっても相続税として支払う金額は変わってきます。ただし、弁護士にも遺産相続に詳しい人とあまり詳しくない人がいるように、税理士にも相続税に関して詳しい人とあまり詳しくない人がいるので、相続税に詳しい税理に依頼しましょう。

相続税の制度を上手に使って節税

遺産相続の時には、自分がどれだけ相続できるかという点でよくトラブルが発生するのですが、他にも遺産相続をする上で悩むことがあります。それは税金なのですが、遺産相続をすれば必ず相続税が発生しますし、ある程度の金額があれば所得税も発生します。
しかし、現在の日本では、基礎控除や配偶者控除などの制度もあるので、うまく法律を利用して節税をするのが一般的です。しかし、法律に関してあまり詳しくない一般の人が上手に節税をするのは難しいので、通常は税理士と相談して、どのように節税するべきなのかを決めていきます
しかし、税理士であれば誰でも節税について詳しい訳ではありませんし、こちらから言わないと、しっかり節税について説明してくれない税理士も存在しているので、まずは税理士事務所のホームページに節税のことが書かれているところを選びましょう。更に多くの税理士事務所では、初回に限って30分程度の相談は無料で行えるので、節税の方法を聞いて見て、納得のできる説明をしてくれた税理士に依頼しましょう。