遺言

家族と話し合って遺言書を作成

遺言書は1人で書くもの、遺言書は公証役場で書くものと決めつけている人もいるでしょうが、最もトラブルが起きない遺言書の書き方は、相続人となる家族や身内が集まって相談しながら作成することです。そうすれば相続人全ての意見を取り込んで遺言書が作成できるので、いざ遺産相続をする時にもスムーズにことが運びますし、トラブルになる可能性も殆どなくなります。
しかも遺産相続に関しての法律に詳しい弁護士も、まずは遺産相続をする身内同士で集まって話し合いをしながら遺言書を作成することを推奨しているので、この方法が最良であることは誰の目にも明らかです。一般的には相続をする権利があるのは家族ですし、近年は家族の数が少なくなっているので、スムーズに話し合いが進む場合も多いでしょう。
そうすれば相続人が亡くなった後で見苦しい身内同士の争いが防げるので、弁護士に解決してもらうための費用も節約できますし、気持ちよく故人を送り出すこともできるため、遺言書の作成は家族で話し合って作成するべきなのです。

相続指定は遺言書で行う

遺産相続で少しでもトラブルを少なくするためには、被相続人がしっかりと遺言書を定めておき、この遺産はこの人に与えるということを明確にしておくことが重要です。このように誰がどの遺産を貰うのかということを指定しておくことで、ある程度トラブルを防ぐことができるのですが、それでも不満を持つ相続人が発生しないとは限りません。
そのため、遺言書を読む時にはやはり弁護士や行政書士などの専門家に読んでもらい、異議を唱える人が出ないように対策を練る必要があるのですが、事前にどのようなトラブルが多くなっているのかを聞いておくことも重要です。その上で遺言書を作成し、法律に違反していないかなどを確認しておく必要があります。
可能であれば相続人と話し合った上で遺言書を作成すると、もっとトラブルを防止できる確率が上がるのですが、話し合いをしたがらない人も中に入るので、このようなタイプの人が後になって遺言書に文句を言ってくるパターンが多くなっていることから、やはり弁護士や行政書士等の専門家を交えての話し合いがベストです。