弁護士

相続時によく起こるトラブル

トラブル

遺産は誰であってもできるだけ多く欲しいと考えるので、どうしても身内同士で無用な争いが起こってしまうのですが、そんな時には弁護士に相談し、法律に則って解決してもらうようになります。では、遺産相続の時にはどのようなトラブルが多くなっているのでしょうか。遺産相続というのは頻繁に起こることではないので、どれが遺産なのかわからないという場合や、遺言状を残しているかわからない場合、不動産や株式などはどのように分配するのかわからないというような相談が多くなっています。また、誰が相続人になるのかわからないという相談もあります。

このようにわからないことがあって弁護士に相談する分にはまだよいのですが、相続人が自分の相続を認めてくれない場合や、法定相続人なのに、自分の名前が遺言状に書かれていないから、遺言状を無効化したいという相談もあります。更には借金があって、誰が負の遺産を引き継ぐかでもめているという場合もあります。とにかく困った時には信頼できる弁護士に相談するのが基本です。

最も厄介な国際相続

普通は日本人であれば日本人と結婚するのが一般的なのですが、近年は国際結婚をする人が存在するので、遺産相続の際には外人が加わる可能性も出てくるのです。外人が遺産相続に加わることを国際相続と呼びますが、弁護士が遺産相続の際に最も嫌がるのがこの国際相続なのです。
被相続人が外国人の場合は基本的には被相続人の母国の法律が適用されますので、とたんに難しくなります。現地の法律を知っていないと相続を進めることができません。国によっては、日本の法律が適用されると定めているところもありますが、日本の法律に則って行っても、後から文句を言ってくる外人も多いので、多くの弁護士は国際相続を敬遠する傾向にあります。もし身内に国際結婚をしている人がいるのであれば、国際相続に関してすでに実績を残しているような弁護士を探して依頼するのがよいでしょう。
更に海外で暮らしているような場合には、通常よりも遺産相続が厄介になる可能性があるので、まずは弁護士に相談をすることが先決です。しかし、国際相続の場合には弁護士に支払う料金が通常よりも高くなってしまう場合が多いので、どれぐらいの費用が必要なのかもしっかりと確かめておかなければいけません。

トラブルを引き起こしやすい人の特徴

遺産相続の際には、トラブルを引き起こしやすい人物と、トラブルを起こしにくい人物がいるのですが、トラブルを引き起こしやすい人物の特徴がいくつかあります。トラブルを引き起こしやすい人物の特徴としては、ある程度の年齢なのに貯金が少ない、もしくは全く無い人、義理の親に対して何でも言える人、妻や夫よりも兄弟を大切にする人、金遣いが荒い人などが当てはまります。
もちろん全ての人が当てはまるという訳ではありませんが、当てはまる人は比較的遺産相続の際に問題を起こす可能性が高いので、事前に遺産相続に関して話をしておくべきでしょう
基本的にお金の管理ができない人や、金遣いの荒い人はお金に貪欲な場合が多いので、遺産相続の際には少しでもお金が欲しいと考えますし、義理の親に何でも言える人は、基本的に誰にでも文句をいう可能性が高いため、遺産相続の際には色々と口を挟む可能性が高いのです。このようなトラブルを避けるためには、やはり法律に詳しい弁護士や税理士などの第三者に間に入ってもらうしかないでしょう。