遺産相続

調停と審判

遺産には色々とあるのですが、お金であれば公平に分けることも可能です。しかし、お金以外にも色々な遺産があるので、これを公平に分けるのはとても難しくなっています。よって遺産相続の時にもめることが予想できるため、家庭裁判所に遺産分割調停申立書を提出することを勧めるのが一般的です。
遺産分割調停とは、相続人から色々と聞き取り調査を行い、バランスを考慮した遺産分配を行うことを指しています。もちろん不満の声も上がるでしょうが、このような時には外部の専門家に依頼するのが良いでしょう。単に遺産分割調停を代理で行ってもらい後は自分たちで話し合うのであれば、比較的費用を抑えられる司法書士に依頼すれば良いですし、やはりもめごとになりそうで話し合いも代わりにやってほしいということであれば弁護士に依頼することになります。このように第三者を交えて遺産相続をするのが最もトラブルを防止できる方法と言えるでしょう。
調停を行ったら、今度はどのように遺産を分けるのかという審判が下るのですが、審判には法律的にも絶対に従わなければいけないので、不満があっても最終決定の審判が下りれば、このとおりに遺産相続をします。これに不満を持って何か問題が発生した時は、弁護士に相談するのが一般的です。