遺産相続

相続財産の種類

遺産相続と一口に言っても色々な種類があります。基本的に遺産とされているのは、自宅などの不動産関連、被相続人が生前持っていた貯金、高額な品物、会社などが存在しています。このような物は全て遺産として扱われるので、お金であれば公平に相続人で分けることも可能ですが、不動産や品物などは公平に分けることが難しくなっています。
だからこそ問題が起きないように、法律に詳しい弁護士などに依頼しておくのが一般的なのですが、当然被相続人が遺書を残している場合もあるので、その場合には弁護士や行政書士などの専門家が立ち会って遺書を読み上げることが多くなっています。そうすることで無用な身内同士のトラブルを防ぐことになるでしょう。
ただし、遺産相続をする際には必ずしもよいことばかりではなく、不動産や会社などは負の遺産が存在しているので、まずはどのような物を遺産相続できるのかという遺産の種類を知っておくことが大切です。相続遺産の種類の確認と洗い出しを行う必要が必ず出てくるということも忘れないようにしましょう。