弁護士

遺産相続の相談に掛かる料金

相談料

遺産相続の手続きをする前には、必ず弁護士に相談をするのが一般的ですが、通常弁護士に相談を依頼すると、相談だけでも料金が発生することが多くなっています。そのため、相談に掛かる料金の相場を知っておくことが重要なのですが、一般的にはどのぐらいの料金が掛かるものなのでしょうか。

料金は弁護士によって全く異なってくるのですが、相場としては5000円ぐらいが一般的であるものの、通常は相談に掛かった時間で決定することが多くなっています。
時間帯は30分単位が一般的で、30分ごとに5000円前後がプラスされると言ったような料金形態が多いのですが、大半の弁護士は最初の30分は無料にしていることが多いでしょう。

中にはわざと時間を掛けるようなことをする弁護士も存在しているので、むやみに弁護士を選ぶのではなく、よく評判や口コミを確かめてから慎重に選ばないといけません。また、遺産相続に関する法律に詳しい弁護士を選ぶということも重要になるので、情報収集は面倒でも必ず行いましょう。

争いがあるかないかで弁護士報酬もかわる

遺産相続を弁護士に依頼すると、相談料以外にも色々な料金が必要になります。しかも相続の際に争いがあるのかないのかによっても料金が異なってくるのですが、サポートにはどれぐらいの料金が必要になるのでしょうか。

弁護士によっても料金は異なるのですが、大体争いが無い場合であれば30万円から60万円ぐらいの費用が掛かってしまいます。しかも争いがあってなかなか話がまとまらないような場合には、更に10万円から30万円前後の費用が掛かる場合もあります。このように弁護士に依頼するとかなりの料金が必要になるのですが、依頼しないとまとまらない場合も多く、法律に触れる場合もあるので、大半の人は弁護士に依頼します。

しかし、現在では一人っ子の家庭も多くなっているので、遺産相続のことではなく、税金に関する相談を役場や税理士などに依頼するだけという人も多くなっているのですが、逆に不景気で生活が厳しい人が多いため、遺産相続の金額が安い人の方が争いが起こる可能性が高くなっています