相続人

代襲相続とは何か

遺産相続というのは、通常被相続人の妻や夫、子供が優先的に相続をする権利があるのですが、例えばすでに夫が亡くなっていて、妻が遺産を継いだとしましょう。当然妻が亡くなった時には子供が遺産相続をするのですが、もし妻よりも子供が先に死んでしまった場合にはどのようになるのでしょうか。
このような場合には子供の子供、即ち妻の孫にあたる人物が優先的に相続をする権利を得られるのですが、このような遺産相続を代襲相続と呼んでいます。もちろん代襲相続が成立するための法律もしっかりとありますし、わからないことは弁護士に相談するのが一般的なのですが、基本的に被相続人の孫か曾孫、もしくは玄孫が相続する権利があります。
ただし、被相続人が遺言書によってこの人に財産を譲ると書いている場合や、相続人が相続を破棄した場合にはまた相続する権利のある人が変わってくるので更にややこしくなるため、必ず弁護士などの専門家を交えて話し合いをするようにしないと、相続ができなくなるだけではなく、法律で触れるような事態になる可能性もあります。