相続人

相続を放棄することも可能

相続放棄

相続放棄とは?

遺産相続をする際には、必ず残された遺産を相続しなくてはいけないという訳ではなく、遺産相続を放棄することも可能になっています。

最も優先的に遺産相続の権利が得られる法定相続人であっても、この遺産は相続したくはないと考えることがあります。身内同士でトラブルを起こしたくはない、負の遺産があるので相続したくないという場合もあるでしょうが、基本的には法定相続人であっても遺産相続を破棄することは可能です。

ただし、何もしないで放置しておくと相続人とみなされてしまうので、3ヵ月以内に相続放棄の手続きを行う必要があると法律にも定められています。このように遺産相続には難しい部分がたくさんあるので、まずは弁護士に色々と相談をすることから始めなくてはいけません。

相続放棄は弁護士相談

特に相続放棄に関しては決まりごとがあまりにも多く、一般の人では知らないことも色々とあるので、できるだけ早く信頼できる弁護士を見つけ、相続を破棄する場合には手続きの方法を聞き、急いで手続きをしなければいけません。通常遺産相続は、この遺産は自分が貰うという風に選べないので、負の遺産があると同時に引き継ぐ必要があるという点も覚えておきましょう。

しっかりと届け出を行えば、相続放棄という形を取ることが可能になっているのですが、もし届け出なかった場合には、単純承認という形でそのまま遺産相続をすることになるので注意しないといけません。このように遺産相続には放棄という形と、承認という形があるので、しっかりと覚えておく必要があります。

ちなみに放棄という形を取る場合には、この相続放棄しか種類はありませんが、承認という形を取る場合には、単純承認の他にも限定承認という形を取ることができます。もちろん限定承認をする際にも届け出が必要になりますし、厄介な面も色々とあるので、弁護士など相続に詳しい専門家に相談してから限定承認という形を取ることが望ましいです。