遺産相続

遺産分割協議の種類

遺産相続の時には、相続人が納得いくよう公平に分割を行うのですが、このようなことを遺産分割協議と呼んでいます。しかし、人によっては不満が出てしまう場合もあるので、弁護士等の第三者を交えて協議する場合もあるのですが、主な遺産分割協議の種類を見てみようと思います。
すでに遺言書が存在している場合には、遺言書に従って遺産を分配するのですが、このような方法を指定分割と呼んでいます。そして通常の遺産相続に不満を持つ人がいる場合には、民法に従って遺産を分配することになるので、弁護士などの協力が必要になるのですが、民法に従って行う方法を法廷分割と呼んでいます。
そして遺言書も存在せず、自分たちでこのように分けようと決めて遺産を相続することを協議分割と呼んでいて、本来であればこのように最も平和的に家族だけで決めることが望ましいのです。このような遺産相続の方法があると知っておくだけでもトラブルの防止になりますし、次にどのような方法を取ればよいのかがわかるので、遺産分割協議の方法だけでも知っておくべきでしょう。