遺産相続

法定相続が最も無難な方法

遺産相続をする場合には、法定相続と言われている方法で行う場合もあるのですが、法定相続とはどのようなものなのかというと、民法によって定められている方法で遺産相続の分配を決めるという方法です。よく遺産相続でもめることがあるのですが、このように法定相続によって遺産の分配を決めることがトラブルも少なく、最も無難な方法と言えるでしょう。
通常法定相続の場合には、遺言によって遺産分配の指示がない場合に行われる方法なのですが、遺言によって定められている場合には指定相続と呼び、被相続人が分配方法を決めることが可能になっています。昔はこの分配相続が一般的でしたが、子供が1人しかいない場合や、家族の少ない家庭が多くなっていることから、近年では法定相続によって法律に従った最も無難な方法を取ることが増えているのです。
法定相続で遺産相続をする場合、夫が死亡して妻と子供2人が残されたとすると、妻が2分の1、子供たちが2分の1ということになり、子供が2人いるので4分の1ずつ受け取れるという計算になります。