遺言

相続をスムーズに行う遺言書

家族同士であっても遺産相続の際にはトラブルが頻発するのですが、このようなトラブルを回避する方法は、やはり弁護士や税理士などの専門家に仲介してもらうことでしょう。しかし、他にも円滑に遺産相続を行う方法があるのですが、それは遺言書をあらかじめ残してもらうことです。
知っての通りに遺言書とは、被相続人が生前どのように遺産を分配するのか書き記した物であり、法律でも遺言書のことがきちんと定められています。遺言書があるかないかで遺産相続のスピードが変わってきますし、家族同士の争いも回避できるようになります。
では、遺言書はいつ頃書くべきなのかというと、通常は定年退職をした後、仕事から引退した後、ある程度高齢になってから入院した時などが一般的ですが、基本的には15歳以上であれば問題ありません。しかも遺産相続のことだけではなく、葬式を行う必要はない、この人に葬儀を任せるといった遺産相続とは関係の内容でも問題ありませんし、書き直しも可能となっています。

遺言書に沿って手続きをする

遺産相続の時にできるだけトラブルを少なくするためには、やはり被相続人がしっかりと遺言書を残しておくことが重要です。遺言書に書かれている内容が全て有効になるという訳ではありませんが、遺産の分配に対しては大半のことは有効になります。
例えば妻と息子、娘が1人ずついた場合には、自宅を妻に分配し、会社を息子に分配して、貯金は娘に分配するという内容であれば確実に成立します。中には遺言書に不満を抱く人がいる可能性もあるので、このようなトラブルを避けるために遺言は書式にミスがないように確実に作成することが必要です。
それ程遺言書の存在は大切になるので、文字が書けないぐらい体が悪い状態になる前に、しっかりと遺言書を作成しておくことも大切ですし、中には家族であってもこの人は親不孝を繰り返し行っているから相続をさせたくないという場合にも遺言書は有効であるものの、法律によって相続する権利を得てしまう可能性もあるため、しっかりと弁護士などの専門家に法律のことを聞いてから遺言書を作成する必要もあります。