遺産相続

遺産相続は誰にでもいつか訪れる

遺産相続は誰にでもいつか訪れる問題ですが、いざというときに備えて関係者が事前に話し合いをしている方は少ないのではないでしょうか。

「親が健在なうちに話し合いなんて縁起でもない」
「うちは家族仲が良いから話し合いなんていらない」

たとえあなたや兄弟姉妹はそう思っていても、それぞれの配偶者はそう思っていない場合が多いのです。あくまで配偶者にとってあなたの親兄弟は他人だからです。他人の家庭が自分たちの家庭より多く相続するのをいったい誰が快く思えるでしょうか?

お人よしの夫が兄弟でモメるのを嫌がって相続放棄したことを不満として妻が離婚を切り出すなど、遺産問題は思わぬところに飛び火することがあります。お金が関わる問題を軽視してはいけません。

お金のことで家族がバラバラになるのは避けたいですよね。身近な人たちとの間の問題ですから、感情がぶつかり合うことを避けるためにも早いうちから弁護士や税理士などの第三者を仲介させて解決を図りたいものです。