相続税と税理士

いろいろな専門家がいるので覚えておく

税理士

税理士の専門も様々

遺産相続や生前贈与で発生する税金の支払いについての相談は、税理士に行うのが一般的ですが、人によっては会計士に相談しても問題ないと勘違いしていることもあります。税理士も会計士もとてもよく似ているように思えますが、担当分野が全く異なっているので、遺産相続や生前贈与の際には税理士に相談をしないといけません。もし会計士に相談をしたとしても、税理士に依頼してほしいと言われるだけなのですが、どのような点が異なっているのでしょうか

税理士は税務関連の業務全般を取り扱っているので、遺産相続や生前贈与だけではなく、年末調整や確定申告に関する相談もすることができます。それに対して会計士というのは、監査業務を行う専門家であり、通常は公認会計士と呼ばれることが多いでしょう。監査業務というのは、会社が作成した損益計算書などの書類が適正に明記されているかの確認や、作成方法のアドバイス、立案などを行うのが専門なので、税務に関することは一切依頼できません。

不動産評価ができる税理士

会計なので、所得税や相続税に関する業務も取り扱っていると勘違いされやすいのですが、会社の経営者や専門家でない限り、遺産相続が発生したらどこに相談するべきなのか迷ってしまうのが普通なのです。しかも遺産相続が発生した場合には、トラブルが発生する可能性が高いのですが、相続税や贈与税など税金に関することは税理士に依頼して問題ありません。しかし、相続に関するトラブルは、弁護士や司法書士に相談することになるのです。

また、不動産の評価などは、不動産鑑定士と呼ばれている人が行います。しかし、税理士に依頼することで、不動産の評価まできちんと行ってくれることが多いため、不動産鑑定は税理士の事務所に依頼して問題ありません。このように専門家というのはかなり多数存在していることから、どこに依頼すればよいのか迷ってしまう人も多いのです。そのため、最低でも遺産相続に関する依頼は、会計士では不可能だということだけでも覚えておくとよいでしょう。