相続について自分でも勉強を

勉強

相続の体験は人生初めての経験

相続はあまり体験しないことですので、いざ自分が該当者になると困ることが多いもの。すでに相続を経験したことのある知人に聞いたり、あるいは弁護士や税理士、司法書士などの専門家に相談するのも良いことです。

しかし、まずは、自分自身で相続について良く相続(遺産分割協議、相続税申告、準確定申告等)を勉強することも大切です。ただ、何も知らないで人の意見を聞くだけですと、なぜそうするのかわからないですし全体的な流れもわかりません。相続するに当たっては、専門的な用語も出てきますので、最低限、そのような用語も知っておく必要があります。

このサイトでは「幸せな相続」をサポートするために、いつかはあなたも相続人となる、ということで、若い人も年配の人も相続のことについて勉強するに早すぎることはありません。いつかのために早いうちから勉強して備えておきましょう。

さて、何で勉強するかですが、ブックオフなどの中古書籍店にいけば相続に関する本も激安で手に入ります。一冊100円か200円で購入できるのでお勧めです。内容はやや古いことが多いですが、相続の概念を学ぶには全く問題ありません。あとは、インターネットやニュースを見て最新の情報や動向を学べばよいでしょう。

相続に関して、わかりやすいサイトとして、相続税に強い税理士のポータルサイトがあります。初心者にわかりやすいように相続に強い税理士が、豊富なコンテンツで相続や相続税に関して解説されているほか、いろいろなコラムもありますので、勉強になります。まずは何事を怖れないでその世界に触れてみることです。相続の世界がとても奥深いことがわかるでしょう。

相続税の計算方法は厄介

cropped-903032fa5aff04c337229df3cd125bd7.jpg

遺産相続のときに一定以上の財産がある場合には相続税を支払わなければいけません。しかも相続税の計算方法はとても複雑な上にすぐ法律が変わってしまうので厄介なのです。自分で計算して間違っていたということにならないように、必ず税理士に依頼して相続税を納めるようにしないといけません。

税理士であれば誰でも相続税の計算はできるでしょうが、税理士の力量によって納めるべき相続税の額も変わってしまうのです。計算方法は一緒なのに、何で税理士によって納める税金の金額が変わってしまうのでしょうか。それは非課税財産や相続財産からマイナスできる財産など、いろいろな種類が存在しているからです。また、ポイントは土地評価にあるといわれています。広大地など、特例を使えば相続税額を抑えることができますので、土地評価が正しく行えるのが相続税に強い税理士だといえるでしょう。

他にもいろいろな控除があるので、このような知識をしっかりと持っている税理士に依頼しないと、余計に税金を支払ってしまうことになります。税金は相続税に限らず厄介な計算が必要になるので、税理士選びは慎重に行わなければいけません。相続税の計算方法を覚えるより、信頼できる税理士探しに時間を割くべきでしょう。広大地や小規模宅地等の特例など、さまざまな特例を使えば、相続税を抑えることは可能です。

法律の知識がないと、相続税を払いすぎたりして、損をしてしまいますので、常識的なところを抑えながら、専門家に相談してみるのがよいでしょう。

相続に関して、ご自分でしっかり学び、必要なことは専門家に相談してみる事をオススメします。まずは、最低限、このサイトをつかって相続に関する知識を蓄えることが重要です。そのうえで、専門家に相談しながら適切な申告をすることが重要だといえるでしょう。